PR
PR

三菱自動車、3600億円赤字に コロナで販売低迷、岐阜工場閉鎖

 三菱自動車は27日、2021年3月期の連結純損益が3600億円の赤字になる見通しだと発表した。新型コロナウイルス感染拡大による販売低迷が要因で、赤字額は前期の257億円から大幅に拡大し、リコール隠し問題で4747億円の巨額赤字となった05年3月期以来の水準となる。経営再建に向け、子会社パジェロ製造(岐阜県坂祝町)の工場での生産を21年度上期に停止し、閉鎖することも正式発表した。

 20年4~6月期連結決算は、1200億円の特別損失を計上し、純損益が前年同期93億円の黒字から1761億円の赤字に転落した。売上高は57・2%減の2295億円だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る