PR
PR

MOMOまた緊急停止 稲川社長「次回打ち上げ数カ月後」

 【大樹】十勝管内大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は26日午後4時半、延期していた宇宙観測用小型ロケット「MOMO(モモ)」7号機の打ち上げを試みたが、エンジンの点火器に異常が生じ、打ち上げの直前に緊急停止した。

 点火器の異常による緊急停止は19日に続き2回目。ISTは目標としていた7月中の打ち上げを断念した。稲川社長は26日夜のオンライン会見で、次回打ち上げについて「(日程調節に)数カ月はかかる」とした。

残り:293文字/全文:518文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る