PR
PR

エア・ウォーター ランドリー参入 29日、苫小牧に1号店 災害時の拠点にも

 LPガス販売道内最大手の北海道エア・ウォーター(札幌)は、コインランドリー事業に新規参入する。道内第1号店として、LPガスの非常用発電機を備えた「災害対応型コインランドリー」の苫小牧店(苫小牧市ときわ町)を29日にオープン。災害時には、炊き出しや携帯電話の充電サービスなどを行う被災者の支援拠点となる。

 日本LPガス協会によると、LPガス事業者による災害対応型のランドリー運営は全国的にも珍しい。同協会の調査では、共働き世帯増などを背景に近年コインランドリーの需要は増えており、2017年の国内店舗数は約2万店と過去20年間で倍増。人口減などでLPガスの消費量が減る中、今後も需要拡大が見込まれるランドリー業界への参入で事業基盤強化を図る。

残り:344文字/全文:665文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る