PR
PR

札沼線が舞台のドラマ「十津川警部シリーズ」26日放送 新十津川で撮影

 【新十津川】北海道医療大学―新十津川間が5月に廃止となったJR札沼線が舞台の刑事ドラマ「十津川警部のラストラン」が、26日午後9時から、テレビ朝日系(道内は北海道テレビ放送=HTB)で放送される。撮影は廃止前の今年の春に空知管内新十津川町を中心に行われ、町民らも出演。廃線区間を走る列車の姿が映像に刻まれている。

 原作は、推理作家西村京太郎さん(89)「十津川警部シリーズ」の「札沼線の愛と死 新十津川町を行く」。東京で起きた殺人事件の捜査のため、高橋英樹さん演じる十津川警部が新十津川町を訪れる。

残り:194文字/全文:444文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る