PR
PR

王位戦13日から札幌で 第2局、木村タイに戻せるか

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太七段(17)が挑戦する第61期王位戦(北海道新聞社主催)の7番勝負第2局が13、14の両日、札幌市厚別区のホテルエミシア札幌で指される。<王位戦特設ページはこちら

 7度目のタイトル挑戦となった前期王位戦で史上最年長で初タイトルを獲得した木村と、棋聖戦とのダブルタイトル戦に臨む高校生棋士・藤井の「30歳差対決」が注目される今シリーズ。第1局は先手番の藤井が得意の角換わりの戦型から積極的に攻め、真っ向から受けて粘る木村をミスなく押し切って先勝した。

 両親が札幌出身の木村は“準ホーム”の第2局で意地を見せ、初防衛へタイに戻せるか。一方の藤井は、敗れた9日の棋聖戦から中3日の過密日程、長距離移動となる中、連勝で弾みをつけられるか。シリーズの流れを占う一局となる。

 立会人は深浦康市九段(48)。持ち時間は各8時間で、初日は午前9時に始まり午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の14日は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。

 棋譜中継や対局者のフォトストーリー、王位戦関連の記事や動画は、どうしん電子版の「王位戦特設ページ」で見ることができる。14日午後3時から行う「オンライン解説会」は、電子版会員のみ無料で視聴できる。電子版登録の問い合わせはサポートセンター(電)0120・889・104へ(平日午前9時半~午後5時半)。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る