PR
PR

レバンガU18設立 道文教大明清高と協定

 レバンガ北海道は9日、恵庭市の道文教大で記者会見し、来年4月に18歳以下の高校生を対象としたユースチーム「レバンガ北海道U18」を設立、それに関連し道文教大明清高(札幌)と教育連携協定を締結したと発表した。トライアウトと同高の入学試験両方に合格し、同高に入学することがU18の所属条件になる。

 学習と競技の両立を目指すことが目的。2年前にレバンガが同高の体育館を練習に使ったことをきっかけに協議を始めた。

 選手が大会参加などで授業を欠席する場合、同高は単位取得のサポートを行う。選手の通う高校が別々だと学習を支援する環境にばらつきが出るが、一つの学校に選手全員を集めることで、同一のサポート環境を提供できる利点があるほか、チームの一体感を生む目的もある。同高は選手をスポーツ特待生として迎え、入学金と授業料を免除する方向で調整している。遠方から進学する選手には寮を準備する。

 練習は来春、恵庭市の道文教大に移転する同高の体育館で行う。レバンガの折茂武彦代表は「高校との連携で選手の心身の成長を期待できる。国内外問わず活躍する選手を輩出したい」と話した。同高の佐々木淑子校長は「プロを目指すU18の選手の存在は、生徒が互いに切磋琢磨(せっさたくま)できる教育環境の整備につながる」と期待した。

 U18は現在、Bリーグの7クラブが設立済み。レバンガU18のヘッドコーチ(HC)には同U15(15歳以下)HCの斎藤拓也氏が就任した。今年9月6日に中学3年生を対象にU18のトライアウトを開く。詳細はレバンガのホームページへ。(石川仁美)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る