PR
PR

旭医大病院、8人の診断遅れ治療に影響 3人死亡

[PR]

 【旭川】旭川医大病院が昨年までの数年間、検査報告書の確認不足などで、がん患者を含む男女8人の診断が遅れ、このうち3人が死亡していたことが9日、同病院への取材で分かった。同病院は10日、古川博之病院長が記者会見して、詳細を説明するとしている。

 同病院によると、確認漏れがあったのは、病理組織とコンピューター断層撮影装置(CT)の検査報告書。確認不足により数年前、患者1人の診断が遅れ、治療に影響を及ぼす事例が発生。同病院が調査したところ、他の患者7人にも同様のミスがあることが分かった。死亡した3人以外の5人は現在も治療を続けているという。

残り:381文字/全文:651文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る