PR
PR

新鮮イワシ急速冷凍 根室・三友冷蔵 高付加価値化へ新装置 単価はミールの8倍

 【根室】市内の水産加工業カネ共三友冷蔵が、道東沖での水揚げが増加しているマイワシの高付加価値化に取り組んでいる。昨年から急速冷却冷凍装置「3Dフリーザー」を導入し、根室で水揚げしたイワシをまるごと冷凍し、生食が可能な冷凍イワシとして回転ずし店に出荷。1キロ当たりの単価は従来のミール(肥料、飼料)の8倍という。今年は切り身に加工できる機械を購入し、さらなる付加価値向上を図る。

 道東沖マイワシ棒受け網漁は、2016年に禁止になったロシア200カイリ内サケ・マス流し網漁の代替漁業として始まった。根室振興局によると昨年は花咲港で1万トン以上を水揚げ。多くは価格の安いミールに加工されている。

残り:469文字/全文:764文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る