PR
PR

返礼品の鹿部産鮮魚、好評 ふるさと納税 苦境の地元漁師を支援

 【鹿部】新型コロナウイルス感染拡大の影響で出荷減に悩む地元の漁業者を支えたい―。町内の水産加工業「嘉楽」は自社の技術を生かし、町のふるさと納税の返礼品「漁師応援プロジェクト! 冷凍鮮魚セット」を企画した。町が6月中旬から提供を始めている。地場産海産物を独自の方法で冷凍し、鮮度を保った状態で届けるもので、早速首都圏などから多くの寄付を集めている。

 新型コロナの影響で町内の漁業も輸出や外食産業などへの出荷が大幅に減り、魚価が下がるなどダメージを受けていると聞き、企画した。寄付金1万円の返礼品で、ホタテ、ソウハチガレイ、真ホッケ、クロソイ、ツブなど14種類の中から時期ごとのおすすめの魚介類4~5種類、合計4~4・5キロを詰め合わせる内容だ。

残り:385文字/全文:707文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る