PR
PR

むかわ竜グッズ ネットで売り込め 恐竜展中止で販路確保

 【むかわ】むかわ地域商社と町観光協会が、町穂別地区で発見された草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称・むかわ竜)のグッズをインターネットで販売している。商品は6月の恐竜展(札幌)に出品予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で展示会が中止になり、販路確保策として始めた。

 むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は、7月1日から、むかわ竜のぬいぐるみとキーホルダーのセットをクラウドファンディングの大手運営サイト「キャンプファイヤー」(https://camp-fire.jp/)で予約販売している。ぬいぐるみは、むかわ竜を研究する北大総合博物館の小林快次教授が監修したリアル版とかわいらしく仕上げたファンタジー版の2種類。リアル版は、長さ45センチ、高さ21センチで、むかわ竜の特徴的な背中の膨らみや頭部の突起を細部まで表現した。キーホルダーは、ファンタジー版のみ。

残り:446文字/全文:840文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る