PR
PR

栄養もりもり 本別野菜スイーツ 札幌市内4店 町の依頼で商品化実現

 十勝管内本別町が特産化を目指している健康野菜「ヤーコン」「キクイモ」「アピオス(ホドイモ)」を使ったスイーツを、札幌市内の洋菓子店など4店舗が販売している。低アレルゲンのチョコモンブランなどに仕上げており、健康野菜のブランド化と販路拡大につながりそうだ。

 三つの野菜は疲労回復に良いとされる大豆ペプチドなどの栄養素を豊富に含むことから「世界三大健康野菜」と呼ばれ、町が事業化を依頼した札幌の中小企業診断士事務所を通じ、昨年3月に一部店舗が試験販売を実施した。客の反応などを受けて改良を重ね、商品化にこぎ着けた。

残り:279文字/全文:535文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る