PR
PR

「どうみん割」4次は中止 1次枠完売 追加枠に振り替え

 道は6日、道民の道内旅行を助成する「どうみん割」で、最終の4次枠の手続きを中止する方針を決めた。4次枠予算の大半を1次枠売り切れ施設への追加支援枠にあたる「特別追加」に、残る一部を3次枠に充てる。特別追加枠には3次枠からも一部を流用する。総額23億円の助成額のうち、2次枠以降はそれぞれ数億円規模の配分になるとみられ、対象商品の品薄状態が解消される見通しは立っていない。

 特別追加枠は、6月28日正午発売の1次枠で商品を売り切ったホテルなどを対象に、道が急きょ設定した。1次枠の1082事業者のうち大型温泉旅館やホテルなど完売業者から特別追加枠への申請が数百件にのぼり、道は4次枠の大半などを充てる方針に転換した。

残り:289文字/全文:597文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る