PR
PR

石狩湾に新洋上風力計画 道内初の欧州系企業 総出力100万キロワット

[PR]

 洋上風力発電の先進国・デンマークに本社を置く再生可能エネルギー開発会社「コペンハーゲン・インフラストラクチャー・パートナーズ」(CIP)の事業会社が、石狩市と小樽市にまたがる石狩湾沖で、総出力100万キロワットの洋上風力建設を計画していることが6日、分かった。欧州系企業による道内での洋上風力計画が明らかになるのは初めて。実現すれば、旧式の石炭火力発電所である苫東厚真火発(胆振管内厚真町)1号機と同2号機(計95万キロワット)を上回る規模となる。

 CIPは約1兆2千億円のファンドを運用し、世界各地の再生エネ開発に投資。洋上風力では、これまでドイツや英国で40万~60万キロワットを開発したほか、アジアでは台湾で60万キロワットの施設を建設中だ。CIPは昨年4月、日本の中でも洋上風力の適地とされる北海道での開発を目的に、日本の事業会社「シーアイ北海道合同会社」(東京)を設立した。

残り:447文字/全文:840文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る