PR
PR

米ウーバー、買収で料理宅配強化 シェア争い激化

 【ニューヨーク共同】米ブルームバーグ通信は5日、米配車サービス、ウーバー・テクノロジーズが料理宅配サービスで競合する米ポストメイツを26億5千万ドル(約2800億円)で買収することに合意したと報じた。ウーバーは買収で宅配部門を強化。米市場は事実上3グループに再編され、シェア争いがさらに激しくなりそうだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で主力の配車サービスが苦戦。「ウーバーイーツ」の黒字化を急いでおり、米グラブハブの買収断念から1カ月足らずでポストメイツとの合意にこぎつけた。

 今年3月の米市場シェアは、ウーバーイーツが3位、ポストメイツが4位だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る