PR
PR

コロナ影響、回復に「2年以上」半数 道内企業調査

 北海道新聞社は5日、道内主要企業を対象とした新型コロナウイルスに関する調査結果をまとめた。自社が事業を展開している市場がコロナ禍前の水準に戻るまで2年以上かかるとみる企業は計47・7%で、「元に戻ることはない」を加えると52・8%に達した。業績にマイナスの影響が「出ている」「今後出る」とした企業は前回の3月調査より2・7ポイント増の計90・3%に上り、幅広い業種で深刻な状況が続いている。

 コロナ禍前の水準に回復するまでの予想期間は「1年程度」が最多の32・0%を占めたが、「2年程度」が28・4%、「3年程度」が12・2%、「3年以上」が7・1%と続いた。「元に戻ることはない」は5・1%。影響の長期化を織り込む企業が多かった。

残り:504文字/全文:821文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る