PR
PR

上士幌町、シェアオフィス開設 テレワークなど拠点 町内外の人に貸し出し 「関係人口」拡大に期待

 【上士幌】町は1日、町内外の人に仕事場として貸し出す共同事務所「かみしほろシェアOFFICE(オフィス)」を町内東3線247の4に開設した。新型コロナウイルスの感染拡大で人混みを避けて働くテレワークへの関心が高まっており、地元と首都圏の企業を結びつける拠点として活用し、地域活性化を目指す。

 事務所は木造2階建て、延べ床面積約160平方メートル。市街地に隣接した場所にあり、窓から雄大な農場やナイタイ高原牧場を望むカウンター席のほか、会議室やテレビ会議用の個室を備えた。コピー機やシュレッダー、ロッカー、キッチン、室内Wi―Fiなどもある。総事業費は約5千万円。このうち半分は地方創生拠点整備交付金を充てた。

残り:536文字/全文:841文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る