PR
PR

密なし 新たなバス旅続々 どうみん割開始 追い風に 窓開けレトロ気分 訪問ゆっくり

 新型コロナウイルスの影響で軒並み中止となっていたバスツアーが、道民の道内旅行に助成する「どうみん割」を追い風に再開し始めた。各旅行会社とも「3密」を避けるため、車内でのマスク着用を義務づけたり、窓が開閉できる車体を導入し、2席に1人が座って定員を半分に減らすなど、新たな「バス旅」を提案している。

 「目指すはちょっとレトロな昭和のバス旅の再現」。北海道オプショナルツアーズ(札幌)の永山茂経営企画部長は、2日から販売する札幌発着の四つの「どうみん割」適用日帰りツアーのテーマを説明する。

残り:483文字/全文:727文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る