PR
PR

レジ袋の有料化開始 政府、小売店に義務付け

 政府がレジ袋の有料化を全国のスーパーやコンビニなどの小売店に義務付ける制度が7月1日、始まった。プラスチックごみが海に流れ出し、海洋汚染につながることを防ぐ。マイバッグの持参がより浸透するとみられるが、外食業界のテークアウトでは有料化の対象外となる袋を使って無料配布を続ける動きがあり、プラごみ削減に向けた課題も残る。

 有料化の対象は商品を入れるための持ち手のついたプラスチック製買い物袋。繰り返し使える厚手の袋や環境に配慮した袋は対象にならない。今回の有料化はプラごみのうちの数%とされるレジ袋にとどまりプラごみ全体を減らすには追加対策が必要との指摘もある。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る