PR
PR

担当医1人「不起訴不当」、横浜 女児死亡の医療過誤事件で検審

 「肝生検」後に適切な処置を怠り、生後11カ月の女児を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で書類送検され、横浜地検が不起訴処分とした済生会横浜市東部病院(鶴見区)当時の担当医師2人のうち1人について、横浜第3検察審査会は30日までに、「不起訴不当」と議決した。25日付。

 肝生検は肝臓に針を刺して組織の一部を採取する検査手法。捜査関係者によると、医師2人は2010年9月、検査を受けた横浜市の女児に十分な処置をせず、出血により死亡させた疑いを持たれ、書類送検されていた。地検は19年12月、2人を不起訴処分とした。

 もう1人は「不起訴相当」と議決された。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る