PR
PR

道内、コロナ解雇940人 休業は6万人超

[PR]

 北海道労働局は30日、新型コロナウイルス感染拡大による影響で、2月14日から6月26日までの4カ月余りで少なくとも道内193事業所が1348人を解雇、または解雇見込みとしていると発表した。休業は4536事業者、6万8393人に上り、同局は「失業者が増えることを懸念する」として、国の制度資金の活用などを呼びかけている。

 労働局がハローワークの窓口で把握した数値で、1348人のうち、178事業所の940人はすでに解雇された。業種は宿泊業や運輸業、飲食業のほか、土産物店といった小売業などが多い。解雇や休業を行う可能性があるとの相談は4449事業所から寄せられ、影響を受けると予想される人数は1万7205人。

残り:253文字/全文:557文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る