PR
PR

香港国家安全法を施行 最高刑は無期懲役

 【北京十亀敬介、ワシントン平畑功一】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は30日、中国政府による香港の統制強化を目的とした「香港国家安全維持法」を全会一致で可決、同法は成立した。反政府デモなどを封じ込めるのが狙いで、香港政府は即日、公布、施行した。これに対抗し、米国は香港に認めてきた優遇措置の一部を終了。香港の高度な自治を認める「一国二制度」は存続の瀬戸際に追い込まれた。

 中国国営通信、新華社などが伝えた。同法は香港の憲法に相当する「香港基本法」の付属文書に例外として追加され、施行された。国家分裂や政権転覆、テロ活動、外国勢力と結託して国家の安全に危害を加える行為が処罰対象となる。新華社を通じて発表された同法全文によると、最高刑は無期懲役。国家安全を巡る事案では中国政府の出先機関「国家安全維持公署」による法執行が可能になる。

残り:393文字/全文:767文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る