PR
PR

“渋沢栄一アンドロイド”公開 故郷の埼玉・深谷市で

 明治期の実業家、渋沢栄一の生前の姿を再現したアンドロイドが30日、出身地の埼玉県深谷市でお披露目された。2024年度から、新1万円札の顔になる偉人の功績を広く知ってもらおうと、市がロボットメーカーに委託して制作。市内の渋沢栄一記念館で7月3日から、事前予約制で一般公開する。

 同記念館で開かれた除幕式で、小島進市長は「新型コロナウイルスで大変な今、渋沢がいたらと思う」とあいさつ。技術指導したロボット学者の石黒浩大阪大教授も出席し「生身に近い形でよみがえり、多くの人に良い影響を与えるのでは」と話した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る