PR
PR

麻生氏「秋解散が望ましい」 公明幹事長は否定的見解

 麻生太郎副総理兼財務相が公明党の斉藤鉄夫幹事長と6月29日に国会内で会談した際、今秋の衆院解散が望ましいとの考えを示していたことが分かった。斉藤氏は選挙準備が進んでいないとして否定的な意向を伝えた。公明幹部が30日、明らかにした。

 会談は約40分。麻生氏は2009年の首相在任当時、任期満了間際の「追い込まれ解散」による衆院選で大敗して政権を失っており、会談では「来年になると何があるか分からない」と早期解散を訴えたという。麻生氏は自民党の下村博文選対委員長にも同様の考えを伝えている。

残り:143文字/全文:387文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る