PR
PR

大阪市、税還付・返還71億円に 固定資産税の算出基準を巡り

 大阪市が独自に定めた固定資産税などの算出基準が違法と認定された問題で、市は30日、過大に徴収した税の還付・返還額が2月に算出した当初の約16億円から約71億円に膨らむ見込みだと明らかにした。これに伴い、2年以内としていた返還期間を3年に延長する。

 市は税額算出に際し、国の固定資産評価基準ではなく、資材の使用量に応じた市独自の基準を用いていた。だが2018年、市内の建物所有者が起こした国家賠償訴訟の大阪高裁判決で独自基準の違法性を指摘され一部敗訴。上告したが最高裁で昨年12月に棄却され、高裁判決が確定した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る