PR
PR

道の緊急宣言前 幹部会合議事録なし 専門家、透明性を問題視

[PR]

 新型コロナウイルス対策として道が2月28日に出した独自の緊急事態宣言を巡り、道が直前に行った計5回の幹部会合の議事録を作っていなかったことが分かった。北海道新聞の情報公開請求に対し、道が29日回答した。道文書管理規程は、重要な政策事項に関する会議などの文書作成を義務付けている。専門家は情報の透明性が確保できないと問題視している。

 鈴木直道知事は2月28日の対策本部会議で道独自の緊急事態宣言を出し、北海道新聞はこの判断に至る経緯について情報公開請求した。これに対し、道は知事や副知事、教育長らによる幹部会合を2月25~27日の3日間に各1回、28日に2回行っていたとする「経過資料」を公開。その中で、議事概要や発言内容などを記した資料については「現在未作成」と回答した。

残り:419文字/全文:756文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る