PR
PR

昼カラ感染拡大「なぜ北海道だけ」 政府高官も困惑

[PR]

 道内で日中にカラオケをする「昼カラ」による新型コロナウイルスの感染が相次いでいることを受け、政府内では「なぜ北海道だけ」と困惑の声が広がっている。

 昼カラ関連の感染者数は札幌で60人、小樽で30人を超える。菅義偉官房長官は26日の記者会見で、昼カラ関連の感染について「北海道以外で承知していない」と述べた。政府内からは「なぜ北海道ばかりボロボロと出てくるのか」と疑問の声が上がる。

 道外でも高齢者が日中に飲食付きでカラオケを楽しめる喫茶店やスナックは数多く存在しており、政府高官は「北海道特有の事情とは思っていない。感染防止のためのガイドラインが必要になるかもしれない」と、気を引き締めている。(石井努、田島工幸)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る