PR
PR

道内11人の感染確認 札幌で新たなクラスター 新型コロナ

 道と札幌市、小樽市は29日、新型コロナウイルスの感染者を新たに11人確認したと発表した。うち、札幌市の7人はいずれも札幌市西区の住宅型有料老人ホーム「かがやき八軒」の入居者、介護職員、デイサービス利用者。28日に発表された80代の入居者の男性を加えた8人について、市は新たにクラスター(感染者集団)と認定した。小樽市発表の3人は日中のカラオケ「昼カラ」ができるスナックの利用客と、経営者の濃厚接触者。道内の感染者が10人を超えるのは2日連続。

 札幌市によると、かがやき八軒にはデイサービス施設が併設され、入居者のほか、入居者以外の高齢者数人も利用していた。29日発表分の感染者は80~90代の入居者の男女4人、デイサービスのみ利用の80代女性、50代の女性介護職員2人。いずれも軽症か無症状という。クラスターは道内で26例目。札幌市は28日、現地対策本部を設置。入居者65人、職員57人らのPCR検査などを行い、感染経路の特定を進めている。

 小樽市の3人のうち、同市内の70代女性2人は、クラスターに認定された同市花園のスナック3店のいずれかの利用客で、80代男性は店経営者の濃厚接触者。同市の昼カラ関連の感染者は経営者4人と客26人の計30人と、来店歴のない濃厚接触者6人の計36人(実人数)。うち1店の「カレン」について市は、6月の利用客のうち約10人と連絡が取れていないとして、保健所への連絡を求めている。

 小樽市の感染の広がりを受け、後志管内余市町は29日、町内飲食店への昼カラの営業自粛要請を決めた。

 道発表分は、感染経路不明の石狩管内の90代無職女性1人。道内の感染者数は1233人(実人数)となった。

 道内の直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は29日時点で0・97人となり、国が緊急事態宣言解除の目安とする「0・5人程度以下」を上回った。(安倍諒、五十嵐俊介、谷本雄也、川村史子)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る