PR
PR

ここが「3密」、登山者にマップで注意喚起 大雪山国立公園連絡協がHPで公開

 環境省や大雪山系周辺の上川、十勝管内の10市町などでつくる大雪山国立公園連絡協議会は新型コロナウイルス感染防止のため、登山者向けに密閉、密集、密接の「3密」になりやすい箇所を示した注意マップをホームページ上に公開した。

 取り上げたのは絶景スポットやロープウエー、ウイルスが排せつされる懸念があるトイレ、密閉状態になる避難小屋など約80カ所。写真と注意のコメントを添え、解説している。

残り:182文字/全文:374文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る