PR
PR

北見のハッカ油、転売相次ぐ マスクに付けると爽やかと話題 定価の倍も

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため多くの人がマスクを着用する中、マスクに付けると爽やかに過ごせると話題のハッカ油が、インターネットのフリーマーケットサイトやオークションで高値で転売されている。北見のハッカ油メーカーの商品は、定価の2倍で取引される例も。転売目的の買い占めが起きている恐れがあるが、専門家は「法的に問題はなく、防ぐことは難しい」と話す。

 「希少品によりプレミア価格」「北見さんの公式通販で購入しました」「薬局で購入したばかりですが、不用となりました」。フリーマーケットアプリ大手のサイトではこうした文言が添えられた未使用のハッカ油が出品されている。

 サイトで「ハッカ油」と検索すると、26日現在で130点以上の出品記録が確認でき、価格は定価の1・5~2倍程度。販売者は東京、千葉、大阪、北海道と全国各地に及ぶ。大手オークションサイトでも同日現在、「ハッカ油」で検索すると、300点以上が出品されている。

 「高品質」とされる北見ハッカ通商が製造したハッカ油は特に盛んに転売されている。同社の永田裕一社長は「実際に自分でも確認した。小さな会社の製品が対象になるとは」と困惑する。

 同社では、小売店や個人などからハッカ油の注文が相次いでおり、6月第1週だけで、平年の年間受注量に達した。資材不足で生産が追い付かず、同社の公式インターネットサイトでの販売を秋まで休止することにした。永田社長は「消費者が高値で買わずに済むよう、生産態勢を整えたい」と話す。

残り:115文字/全文:748文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る