PR
PR

礼文産ホッケブランド化 鮮魚で流通拡大目指す

 【礼文】礼文産ホッケで知られる船泊漁協(宗谷管内礼文町)は、夏場に礼文島沖で取れる脂の乗ったホッケのうち特大サイズを、「礼◆(れいか)」のブランド名で今夏から売り出す。他産地との差別化を図り、鮮魚での流通拡大を狙う。

 礼文・利尻両島では、2012年から操業期間を短縮するなどの自主規制を続け、近年は資源回復の兆しが見え始めている。このため、同漁協は定番の開きの原料としてだけでなく、刺し身など鮮魚での消費も促して価格を底上げするためブランドを立ち上げた。
◆は魚へんに花

残り:241文字/全文:476文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る