PR
PR

経産省、給付金委託の契約分割 2次補正分850億円

 経済産業省は25日、新型コロナウイルス対策の持続化給付金の事務委託に関し、2020年度第2次補正予算で追加された委託費850億円を分割して契約する方針を明らかにした。契約額が高すぎるとの指摘を受け、委託の方法を見直すことにした。「入札可能性調査」を行い、入札に参加する意思がある事業者を調べた上で選定する。

 同日開いた事業委託のルール見直しに向けた検討会で分割案を提示し、委員の了承を得た。予算額を半分程度に分割することを想定。事務事業を「振込」と「審査等」の二つに分けて発注する考えも示した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る