PR
PR

111億円補正案 札幌市が発表 保育所職員に慰労金 テレビ塔 8月無料

 札幌市の秋元克広市長は25日、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた観光分野の需要喚起策として、8月にさっぽろテレビ塔をはじめとする観光施設の料金を無料化するなど、111億2千万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。事業者や市民への支援、感染防止策や医療支援を含め、7月2日開会の臨時市議会に提出する。

 秋元市長が記者会見を行い、明らかにした。観光対策では、8月に札幌市時計台や札幌もいわ山ロープウェイの料金も無料とする。1億7千万円を計上し、都市間の往来自粛などにより落ち込みが激しい観光需要の回復を目指す。

残り:307文字/全文:568文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る