PR
PR

鈴木知事「趣旨は賛同」 「休業要請に罰則規定」知事会提言

[PR]

 鈴木直道知事は24日の道議会一般質問で、全国知事会が国に対し、新型コロナウイルス特措法に基づく休業要請に応じない事業者への罰則の検討を提言したことについて「趣旨や考え方は賛同している」と述べた。

 特措法には罰則規定がなく、道は4月20日の休業要請に応じないパチンコ店について、店名などの公表に踏み切った。鈴木知事はこれまで、罰則への賛否は明らかにしていなかった。知事は「私権制限は必要最小限とすべきで(休業)補償も含めた議論が必要」とも述べた。

残り:248文字/全文:471文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る