PR
PR

塩狩駅維持にふるさと納税 和寒町 返礼品に独自カード

 【和寒】町は、来年度から町負担で維持する方針のJR宗谷線塩狩駅について、ふるさと納税を活用した資金集めを行っている。寄付者が選ぶ寄付金の使い道に塩狩駅維持の項目を設け、返礼品には独自に制作した「塩狩駅カード」を加えた。全国にファンがいる駅の知名度を生かし、広く協力を募る。

 塩狩駅は1日の乗車人員が0・8人と少ないが、作家三浦綾子さんの代表的な小説「塩狩峠」の舞台として有名で、近くには三浦さんの旭川の旧宅を復元した「塩狩峠記念館」もある。2018年には同駅近くのユースホステル運営者が、同駅の存続を求めて国内外から2668人の署名を集め、全国的な知名度や関心の高さを裏付けた。

残り:489文字/全文:779文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る