PR
PR

3羽寄れば、未来明るい エゾフクロウ巣立ち 釧路

 【釧路】釧路市内の林でエゾフクロウのひな3羽が巣立ち、モコモコの毛に覆われたかわいらしい姿で地元の人を楽しませている。

 エゾフクロウは道内に広く分布し、4月ごろ樹洞(じゅどう)に作った巣に2~4個の卵を産む。ひなは約1カ月でふ化し、巣穴の中で親鳥からネズミなどの餌をもらい成長する。

残り:217文字/全文:359文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る