PR
PR

コンサ、千葉キャンプ実戦は快勝スタート

 サッカーJ1コンサドーレ札幌は23日、千葉市の高円宮記念JFA夢フィールドでJ3相模原と非公開の練習試合(45分ハーフ)を行い、3―0で下した。FW鈴木が2得点で、FWドゥグラスが1得点。

 チームはキャンプ2日目で早くも実戦に入った。3月の鹿島との練習試合からJクラブと対戦していなかったことやJ1再開後に想定される暑さに慣れる狙いがある。

 後半から出場した鈴木の1点目は相手DFの背後を取り、左足で決めた。2点目はカウンターからFWジェイのパスに合わせた。J1開幕節の柏戦や練習試合の鹿島戦でも得点しており好調を維持。鈴木は「もっと取りたいという気持ち」と話した。

 ただ、無失点に抑えながらも相手にカウンターを浴びた場面もあったことから、「ビルドアップ(後方からの攻撃の組み立て)の部分で(カウンターを)許したことは改善しなければ」と課題も口にした。

 札幌は7月4日のJ1再開までに練習試合を、あと1試合行う予定。(斉藤直史)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る