PR
PR

地酒「麗峰の雫」今年もできました 利尻、利尻富士、礼文 ネットでも販売

 【利尻、利尻富士、礼文】利尻島の湧き水を使った地酒「麗峰の雫(しずく)」が利尻、礼文両島の酒店で販売されている。酒を造るのは3年目で、後志管内倶知安町の二世古酒造に委託し、特別純米酒と純米大吟醸の2種類を製造した。

 麗峰の雫は、両島で一つの特産品を作ろうと、酒店や飲食店店主らがプロジェクトを立ち上げ、2018年から販売。今年は1月に利尻町仙法志の湧き水「麗峰湧水」を20リットル入りポリタンク約80個分くみ、二世古酒造に運び込んだ。

残り:240文字/全文:458文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る