PR
PR

ツルハHD、5月期売上高最高 マスク、消毒液好調 業界首位からは陥落

 ドラッグストア大手のツルハホールディングス(HD、札幌)は22日、2020年5月期連結決算を発表した。売上高は前期比7・5%増の8410億3600万円、本業のもうけを示す営業利益は7・6%増の450億1300万円と、いずれも過去最高を更新した。新型コロナウイルス流行でマスクや消毒液がよく売れた。ただM&A(合併・買収)で昨年初めて奪取した売上高業界首位の座は、再びウエルシアHDに譲った。

 訪日客減少で化粧品は前期を下回ったものの、アルコール消毒液やハンドソープといった感染予防品の売れ行きが良かったほか、巣ごもり需要で食品も好調だった。利益率の高いプライベートブランド(PB=自主企画)商品を積極展開したことで利幅がふくらみ、純利益は12・4%増の278億9900万円だった。

残り:430文字/全文:771文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る