PR
PR

えりもに47万キロワット風力発電 東京の企業計画 陸上で道内最大級

[PR]

 再生可能エネルギー発電のアフターフィット(東京)が、日高管内えりも町で最大総出力47万1700キロワットの陸上風力発電所の建設を計画していることが22日、分かった。道などによると、道内で計画中の陸上風力では最大規模。2024年秋に着工し、28年末ごろの営業運転開始を目指す。

 計画によると、事業想定区域はえりも町南部の約9500ヘクタール。今後の調査で区域をさらに絞り込み、1基当たりの出力が5300キロワット、高さ200メートルの大型風車を最大89基建設する予定だ。事業費や売電先は未定。

残り:377文字/全文:623文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る