PR
PR

セコマ、レジ袋当面無料配布 植物由来素材に変更 コロナ禍の消費者に配慮

[PR]

 道内コンビニエンスストア最大手セコマ(札幌)は22日、7月1日から国が有料化を義務付けているプラスチック製レジ袋を、植物由来のバイオマス素材を30%配合した袋に変え、当面は無料配布すると発表した。コンビニ大手3社はいずれも有料化を決めているが、セコマは新型コロナ禍による消費者の経済的な負担の増加を考慮し延期した。

 国は、バイオマス素材が25%以上配合されたレジ袋は有料化の対象外としている。レジ袋の無料配布はセイコーマートやハマナスクラブなどセコマが道内外に展開するコンビニ全1224店で継続する。

残り:272文字/全文:523文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る