PR
PR

養殖マコンブうまみ凝縮 函館・南茅部水揚げ始まる

 【函館】コンブ生産量全国一を誇る函館市の南茅部地区で21日、1年物の促成養殖マコンブ漁が解禁され、同日早朝から水揚げが始まった。同地区の大船漁港では午前6時すぎから、沖の養殖場で水揚げされたマコンブが次々に運び込まれ、機器でつり上げられると、朝日を受けてつややかに輝いた。

 漁業者たちは午前4時ごろから出漁。長さ約3メートル、幅約30センチに育った養殖マコンブを沖合で引き揚げていった。

残り:181文字/全文:375文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る