PR
PR

温泉地、にぎわい徐々に 移動制限解除後初の週末 洞爺湖、ホテルほぼ満室 登別、市外から車続々

 【洞爺湖、壮瞥、登別温泉】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府や道が求めていた移動制限が解除されて初の週末を迎えた。洞爺湖と登別の両温泉地では、札幌ナンバーの車が行き交い、商店街にも少しずつにぎわいが戻ってきた。関係者は「少し前を向ける」と話している。

 洞爺湖温泉街のホテル「洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス」は20日、営業を再開した。登別温泉にもホテルを持つ運営母体の万世閣ホテルズ(洞爺湖町)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため5月1日から全面休業を続けており、50日ぶりの再開となった。この日は耐震化工事中の東館を除く150室のうち、ほぼ満室の約130室に約260人が宿泊したという。船橋貴彦支配人は「自粛の疲れを癒やしたい人が多いのでは」と話す。

残り:767文字/全文:1102文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る