PR
PR

旭川「雪の美術館」30日閉館 コロナで運営会社撤退

 【旭川】氷や雪をテーマにした旭川市内の観光施設「雪の美術館」が30日に閉館することが分かった。新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少し、運営会社の結婚式企画会社「マリーブラッサム」(旭川)が事業から撤退することになった。

 同美術館はディズニーの長編映画「アナと雪の女王」の氷の城に似ているとして国内外から人気を集めた。2019年には約10万人が訪れたが、今年は新型コロナの影響で団体客や結婚式のキャンセルが相次ぎ、3月3日から6月12日まで休館。13日から再開したが、石川楊子社長は「固定費負担も大きく経営が困難となった。旭川の観光地として継続したかったが、コロナ後の先行きを見通せなかった」と話す。

残り:184文字/全文:486文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る