PR
PR

<デジタル発>「マーリン」が富良野に、ネット沸く 人気ゲームキャラ、本紙広告登場ツイッターで13万件超

人気キャラクターの「マーリン」が富良野のラベンダー畑を訪れたデザインの紙面広告
人気キャラクターの「マーリン」が富良野のラベンダー畑を訪れたデザインの紙面広告

 スマートフォン向けの人気ゲーム「Fate/Grand Order」(フェイト・グランドオーダー、FGO)のキャラクター「マーリン」が、富良野地域のラベンダー畑を訪ねたデザインの広告が6月13日付の北海道新聞朝刊に掲載され、インターネット上で話題になっている。会員制交流サイトのツイッターでは、13日夕までに「マーリン」というワードが13万件以上投稿され、トレンド入りした。

 FGOは主人公が英霊と呼ばれるキャラクターと一緒に戦いを繰り広げるロールプレイングゲームで、作品を手掛けるアニプレックス(東京)が、ゲーム誕生5周年の記念プロジェクトとして、5月上旬から全国の名所にキャラクターを登場させる広告を各地の地方紙などに掲載している。

 13日付は北海道と東北6県で広告が掲載され、各キャラクターが宮城県の松島や青森県の十和田湖などを訪れるデザインだった。北海道版は見開きの全面広告で、「花の魔術師」と呼ばれるマーリンが、美しく咲き誇るラベンダー畑で「素敵(すてき)な花畑じゃないか!」とコメントしている。

 奔放なキャラクターのマーリンはゲームの中でも特に人気があるという。ツイッターではファンらが「マーリンin富良野ラベンダー畑でしたー!」「富良野のラベンダーもマーリンも美しくて嬉(うれ)しい」などと盛んに投稿した。13日付朝刊は、北海道新聞の通販サイトや本社の販売分も13日午前に完売状態となった。(門馬羊次)

                    ◇

 どうしん電子版会員は、電子版の紙面ビューアーで広告を見ることができます。最初のページの「紙面を見る」(スマホは「紙面」)から入ってください。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る