PR
PR

ノロッコ号運行、7月18日から コロナで延期 土日祝日限定 関係者「乗客もてなしたい」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止されていたJR釧網線の観光列車「くしろ湿原ノロッコ号」の運行が7月18日から始まることが決まった。今年は土日祝日限定の運行だが、沿線の釧路や標茶の関係者からは観光復活に期待する声が上がっている。

 ノロッコ号は1989年に運行開始。釧路湿原の雄大な自然をのんびり楽しめると人気を集め、昨年9月に累計乗客数が200万人を突破した。昨年は運行日数140日間で計8万5596人が乗車した。

残り:416文字/全文:626文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る