PR
PR

<みなぶん>マスク 夏の暑さ対策は? 外出時→状況見て外す 幼児→熱中症高リスク

 各地で夏日を記録する日が増えてきた道内。読者から「みなぶん特報班」に新型コロナウイルス対策のマスクを暑い日でも着けるべきなのかと質問が寄せられた。医療関係者らは熱中症のリスクを考慮して、外出時は周囲の状況を見ながらマスクを外すよう呼び掛ける。

 「3歳の孫は公園で遊ぶ時もマスクをしている。暑さが心配」。札幌市中央区の60代女性が投稿を寄せた。

 日本救急医学会などは1日、新型コロナの流行を踏まえた熱中症予防に関する提言を発表した。マスクをすると心拍数や体感温度が上がり、熱中症リスクが高まる可能性があると指摘。外出時は周囲の人と距離をとりながら適宜、マスクを外すよう呼び掛ける。また、自宅で過ごす時間が長いと暑さに慣れる機会が少ないため、今夏は熱中症への注意が例年以上に必要という。

 熱中症に詳しい北光記念クリニック(札幌市東区)の佐久間一郎所長は、人混みなどではマスクの着用は必要としつつ、「マスクをする場合は薄着したり、保冷剤などで体を冷やしたりするよう心掛けて」と話す。

 日本小児科医会は2歳未満の子どもは窒息や熱中症の危険があるとして、マスク着用をやめるべきだとの見解を公表。3歳以上の幼児についても、円山ため小児科(札幌市中央区)の多米淳院長は「大人よりも路面の照り返しを受け、暑い状況になりやすい。子どもが体調の変化を伝えるのも難しいので、人混み以外ではマスクを外した方が良い」と助言する。

 夏用マスクも注目される。札幌市中央区のセンチュリーロイヤルホテルが熱がこもりにくい「ひんやりクールマスク」を1日に発売すると、翌日までに2千枚が完売。次回入荷は8日以降という。サツドラホールディングス(札幌)も冷涼感のあるマスクを7月にも販売予定という。

 屋外での運動も盛んになったが、気温上昇でマスクの着用も悩ましい。函館市の主婦(72)は「散歩している時にマスクを着けずにランニングする人に追い越されると気になる」と声を寄せた。

 日本ランニング協会(東京)は、マスクなどをして飛沫(ひまつ)が飛ばないように走るよう注意喚起しており、「熱中症のリスクがあるので、速度や距離を抑えることが必要。涼しい屋内の施設で走る選択もある」としている。(岩崎志帆)


 北海道新聞は、読者のリクエストに記者が取材して応える「みんなで探るぶんぶん特報班」(みなぶん)をスタートさせました。

 この手法は「オンデマンド調査報道」(JOD=Journalism On Demand)と呼ばれ、読者と記者が会員制交流サイト(SNS)やメールなどを通じて情報交換しながら取材を進めていく双方向型の新たな調査報道として注目されています。

 読者の皆さんが日々の暮らしの中でキャッチした疑問や声を取材の出発点に、記者と共同作業で謎を解き明かしていきます。

 情報提供や取材依頼のほか、取材をサポートする「みなぶん通信員」への登録をお待ちしています。詳しくは「どうしん電子版」特設サイトをご覧ください。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る