PR
PR

「みせさき本屋」開店 函館・西部地区のカフェや古着店の一角 店主らのお薦め並べる

 【函館】函館・西部地区のカフェや雑貨店の一角にコーナーを設け、店主らお薦めの本を販売する「みせさき本屋」が始まった。函館の不動産業、蒲生商事の社員谷口敦さん(39)が、栄文堂書店(末広町8)の協力を得て実現させた取り組み。谷口さんは「本をきっかけに、初めて入った店で生まれる話もあるのでは」と期待する。

 谷口さんは、西部地区の店の経営者らから「本屋をやりたい」という声を多く耳にしており、もともと自身も興味を持っていた。だが、インターネットで本が購入でき、紙離れも進む今、書店を経営するのは現実的ではなかった。

残り:720文字/全文:976文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る