PR
PR

津別に地産地消レストラン ミシュラン一つ星シェフ監修 5日から 自慢のチーズ、野菜でカレーも

 【津別】地元の官民が出資する「北海道つべつまちづくり株式会社」は5日、町共和の国道240号沿いにレストラン「CAFE&DELI Luka(カフェアンドデリ ルカ)」をオープンさせる。格付け本「ミシュランガイド北海道2017特別版」で一つ星を獲得した津別のシェフが料理を監修し、自家製チーズや地元野菜を使った多彩なメニューを提供。「地産地消」をモットーに広くPRしていく。

 レストランはつべつ木材工芸館(キノス)に隣接する町所有の「レストハウスつべつ」に入店。床面積約120平方メートルの木造平屋で、チーズ工房を設けるなど改装した。事業費は約5200万円で、国の地方創生拠点整備交付金を充て、まちづくり会社が約480万円を負担した。

残り:464文字/全文:780文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る