PR
PR

岩見沢の美容室でクラスター 濃厚接触57人特定

[PR]

 道は29日、岩見沢市内の美容室で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)に関連し、濃厚接触者57人を特定していることを明らかにした上で「感染経路が不明の市中感染が広がっている状況ではない」と冷静な対応を呼び掛けた。

 美容室は24日から休業し、25日には店内の消毒を終えた。道によると、これまで感染が確認されたのはいずれも女性で、30~60代の従業員3人と、50~70代の客3人、年代非公表の客1人。

 美容室は予約制。道は、従業員全5人と13~23日に来店した客ら52人を濃厚接触者と特定した。客1人を除き、連絡がとれているという。これまでに症状がある人など31人を検査し、7人の感染を確認した。従業員の家族など店以外での濃厚接触者19人の検査も終え、クラスターには含めないものの、5人の感染が判明した。重症者はいない。

 道は空知管内で感染者を受け入れる病床が逼迫(ひっぱく)した場合には、軽症者らに札幌市内の宿泊療養施設のホテルに入所してもらう対応も可能との考えを示した。(高橋澄恵)

全文:449文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る