PR
PR

文科相、入試日程「少し余裕を」 アンケート実施、6月に要項発表

 萩生田光一文部科学相は29日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大による休校が続いたことを受け、大学入試の日程について「個人的には、少し余裕を持たせてあげたい気持ちがある」と述べた。文科省は全国高等学校長協会を通じ、各高校に繰り下げや出題範囲の限定などが必要かどうかを尋ねるアンケートを実施。6月中に公表する「大学入学者選抜実施要項」で、アンケート結果を踏まえ、日程などを示す。

 9月には総合型選抜(AO入試から改称)の出願が始まる予定。文科省によると、大学側は出願開始を2週間程度、繰り下げできるとしている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る